ファイアーエムブレム風花雪月の引き継ぎ要素は?名声値の使い方について

FE風花雪月
スポンサーリンク

ファイアーエムブレム風花雪月ですが、ストーリー分岐もあるので、
周回することが前提となっているところがあります。

クリア後には、強くてニューゲームのような引き継ぎ要素があります。

では、何が引き継げて何が引き継げないのか、
引き継ぐための名声値の使い方などについて紹介します。

おすすめの完全無料アプリ

完全無料6000万を超えるプレイヤーがいる戦略シュミレーション!

iOS Android
中世ヨーロッパを舞台に4つの王国を制覇するMMO RPG。60種類の建物を使って防衛力を上げたり50種類以上の兵&数多くの兵器を運用し、最強の軍隊を作りあげたりとやること満載。ギルド(同盟)を運営して仲間との連携プレーを行えば白熱のPvPに参戦できます。

エンパイア・フォーキングダムで遊んでみる

1周目クリア前にやっておくべきこと

クリア後の引き継ぎでいろんな要素を解放していきますが、
1周目のクリア前にやっておくべきことを紹介します。

まずは「騎士団をできるだけ多く雇う」ことです。
そして「指導ランクをA+」まで上げておきましょう。

お金は引き継ぎできないので、クリア前に騎士団をできるだけ雇用しておくといいでしょう。

引き継げない要素

FE風花雪月では、クリア後の引き継ぎ要素がありますが、
引き継げないものもあります。

引き継げないものは、
・お金
・装備
・道具
です。

お金はクリア前にはできるだけ使ってしまいましょう。

おすすめは、騎士団の雇用です。
また、贈り物をいっぱい購入してキャラの支援レベルを上げておくのもおすすめです。

道具も引き継げないので、能力強化系のアイテムも、その周回で使い切っておきましょう。

引き継ぎできる要素

では、引き継ぎできる要素を紹介します。

名声値

使わずに残っていた名声値は引き継ぎできます。

名声値の使い方は後ほど紹介しますが、
1周目は聖人像の強化ぐらいにしか使わないので、あまり迷うことはないでしょう。

雇用中の騎士団

ショップで雇用できるものと、外伝で入手できるものの両方が引き継げます。

引き継いでもしばらくは使えない騎士団もありますが、
次の周回で雇用する必要がないのと、外伝に行く必要もなくなります。

聖人像の強化

名声値を使って聖人像を強化しますが、この強化度も引き継げます。

1周では全てを解放できないので、全開放は2周目で目指すといいでしょう。

ショップレベル

ショップでは、指導ランクに応じたアイテムが販売されます。

1周目で指導ランクA+まで上げておけば、2周目以降は最初から強い武器が購入できます。

名声値を使って開放できる要素

2周目以降は、自室メニューが追加されます。
自室メニューでは、名声値を使って各種レベルとスキルを解放できます。

指導レベル

ショップレベルは引き継げますが、指導レベルはEから始まります。
この指導レベルを上げることができます。

指導レベルを1つ上げるのに名声値を500pt消費します。
EからA+まで上げる場合は、4500pt必要になります。

ただ、最初はすぐに指導レベルが上がるので、上がりにくくなってから名声値を使うといいでしょう。

支援レベル

支援レベルも名声値で上げることができます。

支援レベルを1つ上げるのに名声値は400ptです。
Aまで上げる場合は、1200pt必要になります。

技能レベル

技能レベルも上げることができます。

技能レベルを1つ上げるのに名声値を500pt消費します。
EからS+まで上げる場合は5500pt必要です。

兵種マスター時の獲得スキルと戦技

1兵種の技能レベルを最大にするのに名声値を500pt消費します。

紋章アイテム

名声値を1000pt使うと紋章アイテムを1つ入手できます。

名声値の使い方

1周目では使い道はそれほどないのですが、2周目以降はいろいろな使い方が出てきます。

ただ、入手できる名声値は限られますので、使い方を考える必要があります。

名声値の使い方ですが、基本的にはあまり使わず、
聖人像の強化を中心に使うといいでしょう。

まず聖人像を強化し、できるだけ名声値を貯めたまま周回で引き継ぎをして、
余った分を要素の解放やレベル上げに使う、というスタンスがいいでしょう。